鍼灸賠償責任保険制度

針刺し事故、お灸による火傷、整体やマッサージによる骨折など施術中の不慮の事故は、後を絶ちません。
にもかかわらず賠償責任保険に未加入の療術業者が加入者よりも多いとさえいわれています。
免許を有するはり師・きゅう師、あん摩マッサージ指圧師、柔道整復師でさえ未加入の者たちがいます。
ほんだ鍼灸院では、IGL医療福祉専門学校同窓会会員として日動火災の鍼灸賠償責任保険に加入しています。

基本事項

日本国内で行った施術行為によって万一患者等他人の身体障害(死亡を含みます)または他人の財物の損壊が発生した場合に、被保険者が法律上の損害賠償責任を負担したことによって被る損害に対して、保険金が支払われます。

支払限度額

業務に基づく事故 、業務施設等に基づく事故では、最高限度額三億円までの保険金が支払われます。

保険金が支払われない主な場合

はり師・きゅう師、あん摩マッサージ指圧師、柔道整復師の免許を有していない者が遂行した業務に起因する損害

ほんだ鍼灸院では、いままで一度も針刺し事故や健康被害を出していませんが、これからも絶対に事故を起こさないとは言い切れません。
万が一の場合に備え患者さんにはカルテの記入と領収書の受け取っていただきます。
カルテには、どこに鍼を刺したか灸をすえたか明確にするため、鍼や灸の施術箇所の画像撮影をいたします。同意できない方は施術を拒否いたします。

肩こり解消で思わぬ被害?
https://www.nhk.or.jp/gendai/articles/3768/index.html

最近の記事

  1. 院内

    2019.05.29

    Hello world!

カテゴリー

PAGE TOP